音楽が楽しめる防音室【ストレスフリーの空間】

男性

遮音性能と相場を知る

ウーマン

業者を選ぶポイント

ドラムや和太鼓やピアノの演奏、またはシアタールームのために防音室を設けたいと考えた時に、防音工事はどの業者にでも依頼すれば良いわけではありません。防音工事は、音の知識の他に住宅構造の知識も必要なので、楽器店でも一般工務店では理想的な工事をしてもらうことができません。そのため、これまでの防音工事の実績や作業内容をしっかりと確認して、理想の防音室を手に入れて下さい。防音工事をしてもらう業者を選ぶ時には、自分が求める遮音性能がどのレベルかを知っておく必要があります。周辺住宅への音漏れが気になる場合はそれほどの性能は必要なく、最高の音質で映画を見たいのであれば高い性能が必要です。見積もり金額は一般的に音の減衰が大きくなるほど高額になる傾向があります。業者によって遮音性能はそこそこでも金額は安めですむところや、最高の性能を誇りながら金額も高額になるところもあります。住宅展示場やリフォーム展示場のように多くはありませんが、防音室のショールームも存在しています。可能であればショールームを訪問して、費用の相場を知り、担当者からヒアリングを受けて下さい。防音工事のショールームを構えるほどの業者であれば、作業実績は豊富で知識も豊富なはずです。業者によっては提案やプランニングから施工まで全て自社で行える業者もあれば、分業している業者もあります。全てを自社でできる業者の方が融通が効き、情報の行き違いといったことも少なくなるためお勧めです。