音楽が楽しめる防音室【ストレスフリーの空間】

男性

騒音気にせずに練習したい

リフォーム

練習が本格的で楽しくなる

自宅で思いっきりドラムを叩きたいというなら防音工事を業者に依頼してみましょう。ドラムの練習も騒音の苦情を気にせず、音の出せる環境を整えると練習が楽しくなるばかりか、今まで以上に上達することも見込めるのでお勧めです。一般的にドラムから出る音は子供が叩いた場合だと約80〜100デシベル、成人が叩いた場合だと約100〜110デシベルぐらいと計測されています。これぐらいの音がでてしまうとどうしても近隣に迷惑がかかってしまいがちなので、自宅でドラムを練習する場合は防音工事を検討してみましょう。ドラムの防音工事を業者に依頼するメリットは何といってもただ単に周りに音が漏れない遮音をするだけではなく、ドラムを叩く際に出る振動も抑えることができる防振の方もしてくれることです。ギターやピアノなどのその他の楽器では防音工事のみで十分ということがありますが、ドラムなどの打楽器だと僅かな振動だけでも隣接している部屋に伝わってしまうことが考えられるためです。ドラムの防音工事を業者に依頼する場合は防振のことも考えておくことが大切です。現在、業者にドラムの防音工事を依頼すると防音室を設置する部屋の壁、床、天井全体から浮くような形で設置して、床や天井に防振剤を詰めるということが多くなっています。また、ドラムの防音工事をしてくれる業者の数も増えつつあり、費用の方も業者ごとに比較してみれば節約して防音室を設置することもできるようになっているので、良さそうな業者を探して依頼してみましょう。