音楽が楽しめる防音室【ストレスフリーの空間】

作業員

騒音気にせずに練習したい

リフォーム

自宅でドラムの練習を思いっきりしたいという場合は防音工事を業者に依頼してみましょう。遮音や防振が整った防音室があると練習が楽しくなるうえに、今まで以上に上達することも見込めますので業者に依頼するのを検討してみましょう。

遮音性能と相場を知る

ウーマン

防音工事は専門的知識と技術が必要なので、実績と経験が豊富な業者を選ぶようにしてください。自分が必要とする遮音性能と相場を知り、ショールームを訪れて担当者からしっかりとヒアリングを受けて、納得してから作業を依頼するようにしてください。

自室で音楽を楽しむために

作業員

一部屋だけでも大丈夫

自分の部屋でリラックスして音楽を楽しむことを趣味としている方は多いです。しかし、音量を気にせずにいると周囲の人から苦情が出ることもあります。そこでおすすめなのが防音室です。初めから防音室になっていないお部屋でも後から防音加工することも可能です。防音室を導入する際にかかる費用は数十万程度ですが、使用する材料や部屋の大きさによって値段は変動します。また、音楽を聴いたり、楽器を演奏している部屋を限定することによって防音室を作るためにかかる費用をかなり抑えることもできます。防音室を自宅に導入するメリットとしては周囲に音漏れをする心配がないため、思う存分音楽を楽しむことができるということが挙げられます。例えばピアノを演奏する場合に音を小さくして演奏していると自分演奏技術が向上しないばかりか、ピアノのメンテナンス上の問題も生じる可能性があります。夜間でも周囲への騒音を気にせずに自分の好きな時に好きなだけ音楽を聴いたり演奏したりすることができるのです。一度防音室を使用し始めると、周りで暮らしている人間に音漏れを配慮しなくていいということがどれだけ気持ちが楽になることかということがわかります。ある程度のまとまった出費が必要となってしまうことは事実ですがその分、これまでに気にしていたかなりのストレスを軽減することが期待できます。音楽を心から楽しむためにも自室を防音室へと加工することはとても有意義なことなのです。

自宅で楽器を演奏するなら

婦人

自宅で楽器を演奏するなら、防音工事を施すことをおすすめします。例えばピアノの音は80から100デシベルで新幹線の走る音と変わりません。空気音と個体音の二つをシャットダウンすることで、防音設備が整います。